主要・最新記事

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.08 (Wed)

KAN、過去のアルバム再発売(2010.10.27)

もう既に聞いていましたが、公式に発表になったみたいなので
以前のブログ記事を少し修正してまた載せますね。



KANさんのデビューアルバム「テレビの中に」から
1999年の12th「KREMLINMAN」までの過去のアルバムが、
リマスタリングされて、2010年10月27日(水)に再発売されるそうです
(それ以後のアルバムは今でも普通に買えます♪)
値段は一枚2,100円(税込)。

そして、シングルのカップリングやベスト盤のみに収録されているけど、
オリジナルアルバム未収録だった曲をまとめた「Songs Out of Bounds」も
同じくリマスタリングして発売されるそうです

詳しくは
KANオフィシャルWebサイト>トップページバナー“THE RESTORATION SERIES”
か、
KANオフィシャルWebサイトの金曜コラム(Friday Column)No.274で

ファンとしてはとても素晴らしいニュースです。
これで少しでも過去の作品を聴く人が増えてくれたら…嬉しいな。

またコラム内でもありますが、
ファンが既に持っているCDが重複しないように、
これらの13枚のアルバムのBOX販売を取りやめるあたり、
KANさんの優しさというか、ファンに対する気遣いが伝わってきて嬉しくなりました
新規ファンの中には、CD全部必要!という人よりも、
“中古で頑張って揃えてるけど、数枚どうしても手に入らないんだよな~”
って人の方が圧倒的に多いでしょうから、
BOX販売がある、となるとファンは迷ってダブリ購入しちゃう人も出てきますよね。
それを防ぐためという何とも良心的な…
でもBOX販売した方が絶対に儲かるは儲かりますよね
それを考えないのがKANさんのいいところなんだなぁ。
でも、会社的には大丈夫かな?もめてないかな(笑)?

しかも自分で案件に関わって、自分の言葉でファンに説明してくれるから、
ファンとしては安心してKANさんについていけるんですよね
こういう時、KANファンで良かったな~と心の底から思います。

でもBOXが欲しい、という声もあるかもしれないということで、
BOX、箱だけの販売も行う試みもあるそうです。
面白い試みです。どんな箱なんだろう?

最後に各アルバムの簡単な紹介
■「テレビの中に
 デビューアルバム。デビュー曲「テレビの中に」他、
 おしゃれなシティポップス調の曲が多い。
■「NO-NO-YESMAN
 実は私がファンになるきっかけになったアルバム。
 全体的に、都会的な黒人音楽を取り入れているおしゃれな雰囲気
 「愛は勝つ」しか知らない人はこのアルバムを聴いたら驚くと思います
■「GIRL TO LOVE
 超初期のKANの最高傑作
 独特の語感のいい歌詞の当てはめも冴え、
 メロディーメイカーとしての勢いが出ている作品。
■「HAPPY TITLE -幸福選手権-
 事情により、本人の納得度は低いみたいですが、それでも、
 「東京ライフ」「REGRETS」「君から目がはなせない」など名曲多し!
■「野球選手が夢だった。
 あの「愛は勝つ」が入っている作品
 「君が好き胸が痛い」なんかも入っており、胸がせつなくなるような名曲が多い!
■「ゆっくり風呂につかりたい
 「プロポーズ」「永遠」などカバーされることのある名曲が入っているアルバム
■「TOKYOMAN
 「まゆみ」「KANのChristmas song」が入っていて本人も納得の名曲揃い!
■「弱い男の固い意志
 本人は迷いながら作ったらしいけど、「秋、多摩川にて」も入っているし、
 個人的には聴いていて落ち着くアルバム。
■「東雲
 これも迷いながら作った、とご自分では言われていますが、私は大好きなアルバム
 全体的に大人っぽく、するりと聴ける。
 そして、「すべての悲しみにさよならするために」や「星屑の帰り道」など
 名曲も入っています。
■「MAN
 これも本人の納得度が高いアルバムなんだそうです。
 表題曲「MAN」「今度君に会ったら」など、
 確かに聴いていて満足感がすごく得られるアルバム。
■「TIGERSONGWRITER
 これも本人の納得度が高いアルバムだそうですが、
 一部曲でミスチル桜井さんがコーラスをやっていることもあり、
 特別入手困難だと言われていたアルバム
 名曲「Songwriter」も収録。
■「KREMLINMAN
 Rockを全面に押し出したちょっと異色作?なアルバム!
 しかし反面「50年後も」などの定番名曲もあり!
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

12:14  |  KAN関連ニュース  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。